APG - Atlanta Pacific Group

"日本の中小企業をアメリカと繋ぐ"

APG Blog

全米展開をお考えですか――アトランタはいかがでしょう?

アジアを越えてビジネスを拡大し、米国に拠点を設立して輸出事業を拡張したいとお考えでしょうか。米国拠点の候補地として、アトランタをご検討なさったことはありますでしょうか?アトランタが米国拠点として非常に適している5つの理由を以下に挙げたいと思います。

ロケーション

アトランタは、米国でもトップレベルの経済成長を遂げている地域に位置します。米国南東部に位置するこの地域は、ここ数十年で驚異的な経済成長を遂げました。アトランタの人口は現在、540万人を超え、米国内外からの移住者を常に歓迎しています。

アトランタ市は、米消費者に製品・サービスを提供しやすい中央に位置しており、北米でも有数の流通のハブとなっています。中でもハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港は、世界で最も利用者・交通量の多い空港の一つ。米国とカナダだけではなく、中南米とカリブ海地域の42拠点をつなぎ、国際的に事業展開する上でアトランタが有利である理由の一つになっています。ソウル、上海、東京といったアジア太平洋地域の主要都市にも、アトランタから直行便が運行しています。

アメリカ南北戦争時に南部連合のための流通のハブとして栄えたアトランタの歴史的背景から、アトランタは現在でも鉄道とトラックの運輸サービスの中枢として重要な役割を果たしています。ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)は、ここアトランタに本社を置き、米国市場の80%の地域にトラックで2日以内に配達サービスを提供する能力を確保。3つの主要な高速道路と複数の鉄道網がアトランタを通っているため、倉庫や物流センターを設置する拠点としても最高の条件がそろっているという訳です。

サバンナ港は、迅速かつ信頼性の高い港として知られています。アトランタからトラックでわずか数時間の距離に位置し、米国東海岸では2番目の規模、また米国で最も急速に成長している港湾サービスを誇ります。アジアから船便で到着するコンテナは、速やかに荷卸され、貨物車やトラックでアトランタの事業所に輸送することが可能です。

教育水準の高い人材プール

アトランタには毎年、中国や韓国からの留学生が多数訪れます。ジョージア工科大学、エモリー大学、ジョージア州立大学、ジョージア大学などの世界的に有名な大学がアトランタ近郊にあることが人気の理由です。またアトランタ市内にも、サバンナ美術大学や積極的にアジア・米国間の提携を推進しているケネソー州立大学をはじめ、複数の大学や専門学校があります。

これらの教育機関は、米国事業を運営する上で欠かせないエネルギッシュで有能な人材を輩出しているだけではなく、海外事業の飛躍につながる技術的なノウハウとビジョンを持っています。アトランタの生活コストの低さや活気あふれるライフスタイル、経済的なチャンスに惹かれて、若者たちが全米各地から集まります。フォーチュン500企業に代表される大手企業と、中小企業や起業活動がバランスよく融合したアトランタは、皆さんの米国事業に必要とされる多彩な才能と優秀な人材を確保するのに最適な場所でもあるのです。

生活コストとライフスタイル

アトランタの住環境は、米国の他の主要都市に比べ、はるかに広い物件がより安価に提供されています。皆さんの事業拠点をニューヨークやカリフォルニアにした場合のことを考えてみてください。考える時間すら無駄になってしまいます。ニューヨークやカリフォルニアは旅行するには楽しい場所ですが、アトランタおよび米南東部では美しく快適なアメリカン・ライフを数段安いコストで楽しむことができるのです。アトランタで年収5万ドルを稼ぐ人と同じ生活水準を、ロサンゼルスで実現しようとする場合、7万1000ドルの年収が必要です。また、同一人物が、サンフランシスコで同じ生活水準を維持しようとする場合、必要な年収は8万5000ドルに跳ね上がります!この比較の根拠となった情報はバンクレートでご参照ください。

皆様は、アトランタの生活の質の高さについてはすでにご存知でしょうか?気候がとてもよく、冬の寒さも穏やかで、四季を堪能することができますし、スポーツイベントから地元のお祭り・フェスティバルまでバラエティーに富んだアウトドアライフを楽しむことも可能です。どんな方でも様々な楽しみ方があるアトランタ。詳しくはアトランタの楽しみ方50をご覧ください。

ビジネスフレンドリー

アトランタおよびジョージア州は、アジアからの皆様の会社を歓迎する、とてもビジネスフレンドリーな文化を持っています。ジョージア州は、労働組合への参加を個々に自分で決定できるという労働者の権利が法で定められている「働く権利」を尊重する州です。ここジョージアでは、ビジネスは労働組合からの要求によって妨害されることがありません、その為、ジョージアおよび他の南東部の州は、韓国、日本、そして中国の資本投資を受け取り続けているのです。

この地域の地方自治体は、アジアからの外国投資獲得に積極的です。アトランタ都市部を構成する5つの郡の一つ、グウィネット郡はこれまで、中国と韓国の企業に対して有効にコンタクトをとってきました。グウィネット商工会議所グローバル・ビジネス評議会は、ジョージア州の韓国系ビジネス・コミュニティと郡との関係強化を図るための様々な活動を展開しているほか、米国への投資機会を開拓するため韓国でも活動しています。またグウィネット郡は、中国・無錫に国際貿易事務所を開設し、過去数年間で何度か経済開発を目的とする視察を実施しています。こうした地方自治体の努力が実り、海信グループをはじめとする中国企業の進出・事業拡大に結びついています。

成長著しいアジア系コミュニティー

アトランタのアジア系コミュニティーは近年、飛躍的に成長しており、アトランタ都市部でのアジア人人口は25万人に達する勢いです。グウィネット郡のアジア人は全体の10%を超え、韓国人、中国人、ベトナム人、インド人がその多くを占めています。これまではアトランタ近郊のドラヴィルとチャンブレー地域が中国系および韓国系コミュニティーの中心地となっていましたが、最近はグウィネット郡近郊のダルースとスワニー地域にシフトしており、ホワイトカラーの専門職・技術者や起業家が増えたことによって、より高級な住環境を求められていることが伺えます。グウィネットとアトランタ都市部では、母国の味や文化を楽しむことができるアジア系レストランをはじめ、H-マートAssiなどアジア系小売チェーンが豊富。アジア系のコミュニティ組織・団体、企業グループや業界団体・組合、ソーシャル・グループなどのネットワークが確立されており、アトランタへの事業の拡大・移転や投資などを円滑に行うためのサポート体制が充実しています。

ご意見ご質問等ございましたらライン(ID : michaelfenton)でマイケル・フェントンまでご連絡をお願い致します。


 

back